私のキャッシング利用の経験について

40代男性、会社員です。私が以前キャッシングをしていたときのことを書きたいと思います。

私は一応大手の製造業に勤めています。就職が決まった際には周囲からも祝福されたものです。よって、私がお金に困るようになるとは夢にも思いませんでした。

転機になったのは就職して2年目で車を購入したときです。交通の便の良いところに住んでいたので、特に車が必要という訳ではありませんでしたが、ふと車のディーラーに行って話を聞くと、あなたなら十分買えますよという雰囲気になってしまいます。思い切って車を買うことにしました。

車のローン、駐車場代は分かっていましたが、想定外だったのが保険代と所得税です。車両保険にも入ったことと、年齢が若く初めての自動車保険ということで、かなり高くつきました。ローン、駐車場と合わせて月に約5万円です。そして所得税です。就職1年目にはありませんでしたが、2年目からずしりとのしかかってきました。従って毎月の生活は赤字で、ボーナスでほっと一息でしたが、そのボーナスも車のローンで大半が飛んでしまいます。貯金をする余裕もありません。

そして追い討ちをかけたのが、結婚式です。会社の同期、先輩達が次々に結婚していきます。おめでたいことではありましたが、ご祝儀を持っていかなければなりません。それに二次会にも呼ばれます。私にとってはいよいよピンチになり、クレジットカードのキャッシングを利用しました。

通常使うクレジットカードを、キャッシュコーナーで使用します。始めはドキドキでしたが、慣れてくると怖いものです。カードの返済をするためにキャッシングを利用したこともあります。このままではどんどん膨らみかねません。なるべく引きずらずに、ボーナスでなんとか返済するように心がけました。

やがて車のローンが終わり、給料も少しずつ増えてきたので、キャッシングから開放されました。「ご利用は計画的に」と言うのを身にしみて体験しました。

このページの先頭へ