教育費で一時的にカード会社にお世話になった話

我が家は住宅ローン以外にローンを組んだこともありません。そもそもがお金を借りて、必要以上に金利を支払うことがもったいないという基本的な考え方に立っているからです。

もちろん、貯蓄や保険なども計画的に行ってきました。ところが一度だけにっちもさっちもいかなくなり、カード会社を頼ったことがあります。それは子供の教育資金です。想定外に二人の娘が私立にダブルで入学することになり、入学金を現金で支払い期限のある中で準備する必要が出てきたのです。もちろん、積み立て型の保険、持ち株などを解約すれば準備可能だったのですがさすがにもったいないとうことで、カード会社に一括で足りないお金を借りて、ボーナスまでにすべてを返済したほうが多少金利を支払うことになってもメリットがあるという判断をしたうえでの経験です。

さらにもともと口座がある銀行の系列のカード会社の契約だたので身分確認だけで本当に簡単にインターネットで契約できたのはラッキーでした。借金は絶対にしたくないなとその時までは思っていましたが、こうした計画的なカード会社の利用であれば、生活にも負担がかかるわけでもなく、資産運用にも影響を与えないということでメリットがあると思いました。

このページの先頭へ