カードローンは十分に考えた上でのご利用を

まだ若かった頃、遊ぶ金が足らずにカードローンに手を出しました。

深く考えずにお金が足りなくなると借りるという生活を続けていた所、限度額一杯になってしまい更にもう1社から借りました。

暫くそのような生活をしていた所、最初に借りていた消費者金融から他社分を全額返済し、うちでまとめれば金利も下がるとのお話を頂きまとめてもらいました。

しばらくするとまたお金が足りなくなり返済した方の消費者金融からまた借り始めてしまいました。

当時は総量規制等は無かったのでその繰り返しになってしまいました。

あるときお金を使っていた原因が無くなり借りる事は無くなりましたが、返済は大変でした。

結局結婚する時に嫁に全財産と借金を開示し返済を多めにして全額返済致しましたが、かなり苦労致しました。

この後確実に入金予定があり返済の目途がたつ、急場しのぎであれば借りるのもやむを得ないのかもしれませんが、現在のカードローンやキャッシングは簡単に借りる事が出来るので、軽い気持ちで手を出すのはやめた方がいいと思います。

カードローンのカードは銀行のキャッシュカードではありません。

自分のお金をおろすのではなく、あくまで借金をする為のカードです。

このページの先頭へ